座り仕事は病気の元!ラジオ体操で肩こりと腰痛を予防する

「あっかたまった」某CMでおなじみのフレーズです。10年前は、身体がかたまる、ってどういうこと?と思っていましたが、今では、よく理解できます。同じ動作をした後、特に、パソコンを使用した後は、必ず、すぐに固まっています。

以前、勤務していた職場では、毎朝、ラジオ体操が必須でした。ラジオ体操をしている職場、って、イメージすると、工事現場で働く方達など、身体を使った仕事をしている方を想像すると思いますが、私は内勤で事務員です。

当時は、朝から張りきって体操するのもしんどいし、嫌だな~、なんて心の中では思っていましたが、上司がものすごく「やる気の体操」をみせるので、仕方なく適度な頑張りで体操をしていました。その職場を退職して、初めてわかりました。

10年間勤務していましたが、肩こりや腰痛になった事がありません。事務職なので、一日中、座り仕事でパソコンとにらめっこ、でも、一度も肩こりや腰痛で悩まされた事はありません。転職し、仕事内容は同じですが、一日勤務しただけで、肩こりと腰痛に悩まされました。おそるべし、ラジオ体操!!

上司が張り切って体操していた訳が、辞めて、ようやく解りました。ラジオ体操のおかげで、身体のコリがなかったのだと思います。小学生から当たり前のようにしていた、ラジオ体操の凄さを、身をもって体験しました。今は、毎朝の3分間、自宅で、ラジオ体操をして、出勤しているおかげで、肩こりと腰痛からは、おさらばしました。

体操教室 大阪

保存